産後の骨盤矯正|秋田市で口コミ人気の整骨院

営業時間

スタッフブログ

産後の骨盤矯正|秋田市の秋田アール整骨院

産後の骨盤矯正

皆さんこんにちは!

秋田市にある秋田アール整骨院です!

 

みなさんは妊娠出産による骨盤の歪みがいつから起こっているのか、産後骨盤矯正はいつから受けるべきなのかご存じですか?

産後は心身ともにストレスを受けやすいため早めにケアすることが理想ですが、具体的にどうすればよいのか、何が原因なのか、知らない方も多いのではないのでしょうか?

今回は『産後骨盤矯正はいつから受けるべきか』についてお話していきたいと思います。

 

まずは産後の骨盤の歪みについてお話したいと思います。

産後の骨盤の歪みには大きく3つの特徴があり、それぞれに原因があります。

 

【①筋力低下による骨盤のズレ】

産後の筋力低下は妊娠期間中の10カ月かけて起こっています。筋力が弱いと骨盤や骨格を支えきれずに歪みやすくなり、猫背、反り腰、ガニ股など全身の姿勢の変化に繋がっていきます。

【②ホルモンによる骨盤の開き】

妊娠期間中に分泌されるホルモンの1つに「リラキシンン」というホルモンがあります。このホルモンには骨盤を開く作用があり、とくに陣痛が始まると大量に分泌されます。これによって骨盤を大きく開き、産道も広がるため赤ちゃんが出てきやすくなるのです。しかし、リラキシンには骨盤を開くと同時に全身の靭帯を緩める作用もあるため、産後は骨盤を含め全身的に歪みやすい状態になっているのです。

また、リラキシンは産後6か月くらいで分泌されなくなると言われています。ホルモンが分泌されている間は歪みやすいと同時に開いた骨盤を戻しやすい時期でもあるのです。

【③日常生活による股関節の開き】

股関節は骨盤にはまり込んでいる関節のため、骨盤が開くと股関節も一緒に外側に開いてきます。産後にズボンが入らなくなったという方は、股関節を構成している大腿骨という太ももの骨の一番外側の部分が引っかかっているからかもしれません。

骨盤や姿勢の歪みは妊娠・出産を経験していなくても、日頃の姿勢や体の使い方によって起こってきますが、産後は普段より歪みやすい状態にあるのに加えて、育児特有の姿勢や負荷が股関節にもかかっています。それによって股関節自体に左右差や痛みが出る場合があります。

 

これらの原因により産後の歪みは徐々に生じてきますが、ある程度歪みは自然に元の状態に戻っていきます。しかし、妊娠前や妊娠中に骨盤の歪みがあったり、産後に横すわりや足組み、猫背等の不良姿勢をとったりすることで正常な位置に戻らず、ズレた状態のまま骨盤が固まってしまいます。つまり、骨盤が固まる前に正しい状態に戻すことが重要になります。少しでも気になる症状がある方はお気軽に秋田市にある秋田アール整骨院にご相談ください!

 

ではいつから産後矯正を受けるのがいいのでしょうか?

一般的に、産後骨盤矯正は開きの原因ともなっているホルモンの分泌が止まるまでの産後6か月以内に受けるのが理想と言われています。しかし、6か月を過ぎると受けられないというわけではありません。いつからでも産後骨盤矯正は受けられると同時に、産後は心身ともにストレスがかかりやすい状態にあるため痛みを放置すると全身に影響が出てきやすくなります。そうなる前にお気軽に秋田市にある秋田アール整骨院にご相談ください。

また、当院ではキッズスペースを完備しており、スタッフがお子さんの様子を見ている間に施術を受けることが可能ですので是非お子さんと一緒にご来院ください!

 

産後骨盤矯正

秋田市の秋田アール整骨院へのお問い合わせ

秋田アール整骨院

住所
〒010-1414
秋田県秋田市御所野元町4丁目1-8
アクセス
フレスポ御所野すぐ
駐車場17台完備

マップ

アクセスマップ

受付時間