足底筋膜炎になる原因を知っていますか?|秋田市で口コミ人気の整骨院

営業時間

スタッフブログ

足底筋膜炎になる原因を知っていますか?|秋田市の秋田アール整骨院

足底筋膜炎になる原因を知っていますか?

みなさんこんにちは!

秋田市にある秋田アール整骨院です(^^)/

 

朝起きると足の裏が痛む。足の裏が突っ張るような感じがする。

運動後もしくは運動中から足の裏が痛くなることがある。

このような症状で悩まれている方もいるのではないでしょうか?

 

今日はその痛み、「足底筋膜炎」の原因についてお話していきたいと思います。

 

症状の改善を図るために足の指を鍛える運動、タオルギャザーというトレーニングをしたり、足の裏をボールなどでほぐすようなストレッチをしたりと、対策を行ってきたけどなかなかよくならないという方も中にはいると思います。それは痛みの原因がそこだけではなく別の要因も考えられるからです。痛みの原因を知り、足底筋膜炎というものを理解し、根本から改善していきたいと思います。

足底筋膜というものは、足の裏に存在する膜状の組織のことを言います。踵からつま先にかけて存在しており、

足のアーチ機能に大きく作用し、歩行時の衝撃緩和・足部の安定性の向上、推進力を補助する働きがあります。

痛みの部位としては後内側・中央・親指の付け根にあらわれることが多いです。痛みの発生部位が違う足底筋膜炎の原因としては、人それぞれの歩き方の癖や、姿勢・骨盤の傾きによる負荷のかかる場所が関係しています。骨盤は通常前傾し、正しい姿勢であれば体の中央に体重がかかりバランスよく、保つことができます。一方、姿勢が悪くなり骨盤も後ろに傾くような状態が続くと(後傾)、体の後方に体重がかかり、踵側に重心が移動するということになります。短時間ではそこまで問題はありませんが、長年の積み重ねによる悪い姿勢というものは、バランスを崩し、筋力の低下・アーチの保持に大きく関わってきます。足というものは、重力や体重、全身からの影響を受けることが多い為、姿勢や骨盤の位置はとても大事になってきます。朝起きてから痛む方が多いですが、夕方になるにつれて痛みが増す方もいます。痛みの感覚としては、局所的な痛みより広く張っているような痛みがでるのも特徴です。

 

足底筋膜炎による痛みの誘発要因としては、

・使いすぎ、長時間の立ち仕事や歩行

・硬い路面での運動

・シューズが合っていない

・足の筋力不足や柔軟性の低下

・足のアライメント異常

 

足底筋膜炎の原因は、特に扁平足は、足底のアーチに大きく関わるため、牽引力が強く作用してしまい痛みを伴います。

アーチ不足はクッション性に直結し、通常より多くの負荷を与えることになります。

 

上記で述べたように、足底筋膜は普段から体重を支え体からの影響を受けやすいため足底筋膜炎になるリスクとは隣り合わせです。日頃から、足底筋膜に与えているストレスを減らすことはとても大事になってきます。痛みが長引き慢性化してしまう前に、今一度ご自身の体を見直してみましょう。

 

秋田市にある秋田アール整骨院ではそういった症状でお悩みの方の根本から施術を行います。普段の生活習慣から見直し、体に与えているストレスの原因を一緒に考えあなたに最適な治療計画を導きます。そこから筋肉のコリ、骨盤を正しい位置に整え、体の使い方を見直していきましょう。

これまで、足底筋膜炎の痛みで悩み続けている方は、原因をはっきりさせ、根本改善の1歩を踏み出せるよう、一度お話をお聞かせください。秋田市にある秋田アール整骨院スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

足底腱膜炎

秋田市の秋田アール整骨院へのお問い合わせ

秋田アール整骨院

住所
〒010-1414
秋田県秋田市御所野元町4丁目1-8
アクセス
フレスポ御所野すぐ
駐車場17台完備

マップ

アクセスマップ

受付時間