『五十肩でやってはいけないこと』とは?|秋田市で口コミ人気の整骨院

営業時間

スタッフブログ

『五十肩でやってはいけないこと』とは?|秋田市の秋田アール整骨院

『五十肩でやってはいけないこと』とは?

四十肩、五十肩の痛みで悩まれている方は多いですよね?

 

今回は

『四十肩、五十肩でやってはいけないこと』

について秋田市にある秋田アール整骨院がお話をしていきます。

 

まずは、四十肩、五十肩の概要についてお話しますね♪

四十肩、五十肩とは、その名の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼ばれているだけで、違いはありません。正式名称は肩関節周囲炎です。肩こりとは別物で、四十肩、五十肩は加齢による肩関節の炎症です。放置すると、関節が癒着して動かなくなることもあります。また、肩関節周囲炎では、急性期、慢性期(拘縮期、解凍期)に分かれていて、その時期によってもアプローチ方法が違います。

 

『四十肩、五十肩でやってはいけないこと』としては、

無理に肩を動かすことは絶対にしないでください。

特に肩が痛くなり始めた時期(急性期)に「痛い」と感じる動作は絶対にしてはいけません。この時期は夜も眠れないほど痛みが強くなります。この時期は、安静が第一です。無理に腕や肩を動かそうとしたり、自己流のマッサージやストレッチをしたりするのはやめましょう。悪化させてしまう可能性があります。

急性期(炎症期)の四十肩、五十肩でやってはいけないことの具体例は、

・痛い肩への負担が大きい動作をする 

・痛い肩で重いものを持つ(鞄を持つなど)

・熱感があるにもかかわらず、温める(→この場合は冷やす。)

などのことは、四十肩、五十肩を悪化させてしまうので、注意が必要です。

 

ストレッチなどのセルフケアは、急性期には刺激の少ないゆっくりした動作から始め、拘縮期になるにつれやや可動域を広げる動作を加えたものにしていきます。ただ、痛みが和らいできたからといって思いっきり動いかしてしまうと、炎症が再発する恐れがあります。

『四十肩、五十肩でやってはいけないこと、やってもいいこと』が時期によってありますので、ぜひ、秋田市にある秋田アール整骨院に四十肩、五十肩のご自宅でできるアプローチ方法を聴きにいらしてください。

 

また、「肩の使い方」だけに痛みの原因があるわけではなく、日常生活における一連のサイクルや無意識的な習慣、あるいは仕事時の体勢なども肩の激痛の引き金となります。つまり、日常の体の使い方や歪みで、四十肩、五十肩になりにくい人やなりやすい人で分かれます。しっかりと施術をしなければ肩を動かせる範囲が広くなっていき、痛みの程度も弱くなります。施術をするとすぐによくなるものではありませんが、出来るだけ早期に取り組んだ方が良くなるのも早いです。

 

四十肩、五十肩でやってはいけないこと、やってもいいことが知りたい方は、秋田市にある秋田アール整骨院にご相談下さい。一緒に根本改善を図っていきましょう♪

 

四十肩・五十肩 – 秋田アール整骨院 (akita-r-seikotsuin.com)

秋田市の秋田アール整骨院へのお問い合わせ

秋田アール整骨院

住所
〒010-1414
秋田県秋田市御所野元町4丁目1-8
アクセス
フレスポ御所野すぐ
駐車場17台完備

マップ

アクセスマップ

受付時間