脊柱管狭窄症とその症状|秋田市で口コミ人気の整骨院

営業時間

スタッフブログ

脊柱管狭窄症とその症状|秋田市の秋田アール整骨院

脊柱管狭窄症とその症状

脊柱管狭窄症とは何か、体の構造と症状についてお話していきたいと思います。

脊椎というものは、首から腰までの背骨のこといい、その中には脊柱管と呼ばれる脳から体へと繋がる神経の通り道があります。1~2㎝程度の太さを持つ管が、頭からでて、首・背中から腰まで届いています。そして、そこから枝分かれするように手足へと神経が伸びています。脊柱管狭窄症と聞くと、頸椎のところで症状がでることもありますが、主に症状が現れやすい箇所は、腰部での脊柱管狭窄症になります。頸椎で生じた場合には、手足のしびれや運動障害を自覚するようになります。例えば、お箸が使いにくい、字が書きづらい、ボタンが掛けにくいなどの症状が現れます。腰部での症状が現れた場合には、腰から下肢にかけての痛み・痺れ、足の筋力の低下、歩行障害、進行することによって排尿障害といった重篤な症状を引き起こす場合もあります。脊柱管狭窄症の有名な症状の一つに、間欠性跛行というものがあります。これは、歩いているときに足が痛くなり痺れも出ることで、歩くことが困難になりますが、しばらく休むことでまた歩けるようになるという症状です。間欠性跛行は脊柱管狭窄症に深く関係していると言えます。ではなぜ、そのような状態になるのでしょうか?ここからは脊柱管狭窄症になる原因についてお話していきたいと思います。

原因の多くは加齢に伴う組織の変性ともいわれ、中高年の方々に多く見られる傾向にあります。近年、高齢化が進む今、悩まれている患者さんの数が多くなってきていると言えます。

ですが原因となるものはこればかりではありません。加齢現象によるものも踏まえながら説明していきたいと思います。年齢を重ねるごとに背骨の変形や椎間板の膨らみ、椎骨をつないでいる椎間関節付近での骨棘(骨がとげのようになったもの)の形成、黄色靭帯の肥厚など様々なことが起こってきます。このようなことが、神経の通り道である脊柱管を狭くし、神経が圧迫され、血流の低下を引き起こし、脊柱管狭窄症になると言われています。また、腰の骨の位置がずれる腰椎変性すべり症や、クッションの役目を果たしている椎間版がはみ出す腰痛椎間版ヘルニアも脊柱管狭窄症の原因の一つです。骨粗鬆症や、脊椎周辺にできた腫瘍が原因となることもありますので注意が必要です。

腰の痛み、痺れで悩まれている方、一度秋田市にある秋田アール整骨院にお話しを聞かせてください。

秋田市にある秋田アール整骨院ではそういった症状で悩まれている方の症状を根本から改善していきたいと思っています。

痛みの原因を把握し、体の歪みを整えバランスを図っていくことで症状の改善を目指していきたいと思います。一緒に痛みの少ない健康的な毎日を目指していきましょう。

秋田市にある秋田アール整骨院スタッフ一同、みなさんの健康のお手伝いをさせてもらいたいと思います。

 

脊柱管狭窄症

秋田市の秋田アール整骨院へのお問い合わせ

秋田アール整骨院

住所
〒010-1414
秋田県秋田市御所野元町4丁目1-8
アクセス
フレスポ御所野すぐ
駐車場17台完備

マップ

アクセスマップ

受付時間